メインメニュー
検索
トップ  >  尿検査  >  尿定性・定量検査
尿定性・定量検査

水素イオン指数(pH)
尿のpHは尿石症に深く関わる値です。pHが低く(酸性尿)なっても、高く(アルカリ尿)なっても尿石症の危険性が高くなります。
尿pHは食餌や薬剤で変動します。また、尿路感染で尿素分解菌が増殖している場合pHは高くなります。
理想値はpH 6.0〜6.5

尿糖(urine sugar : US)
尿中のグルコース濃度です。正常尿にも僅かに糖は含まれていますが、検出できるほどの量ではありません。
尿糖が高値を示す場合、糖尿病(真性、腎性、仮性)と診断されます。

ケトン体
尿中のケトン体濃度です。ケトン体は真性糖尿病などで増加が認められます。

尿蛋白(urine protein : UP)
尿中の蛋白質濃度です。正常尿にも僅かに蛋白は含まれています。
蛋白尿は腎実質の障害、尿路の出血または炎症などで認められます。

ビリルビン
肝臓で生成され、胆汁排泄される物質です。肝傷害や胆汁鬱滞で血液中にビリルビンが増えると尿中にも排泄されるようになります(ビリルビン尿)。

ウロビリノーゲン
ビリルビンが腸内細菌によって変化した物質です。糞便中に排泄されますが、一部は吸収されて肝臓へと戻ります。肝臓でウロビリノーゲンは再び腸へ排泄(胆汁排泄)されます(腸肝循環)。
腸から吸収されたウロビリノーゲンの一部は尿中に排泄されます。尿の色はウロビリノーゲンの色です。
肝機能が落ちるとウロビリノーゲンの胆汁排泄が滞り、尿中に大量に排泄されることとなります。
また、胆管が完全閉塞を起こすと、ビリルビンが腸に排泄されなくなり、ウロビリノーゲン自体が生成されなくなるため、尿中には検出されなくなります。

潜血反応
血色素(ヘモグロビン)および筋色素(ミオグロビン)を検出します。僅かな量でも、溶血していても検出が可能であるため、出血判定に有用な検査です。
前
顕微鏡検査
カテゴリートップ
尿検査
次
尿蛋白/クレアチニン比

copylight @ 2010 - エル動物病院 all rights reserved