メインメニュー
検索
トップ  >  血液検査  >  検査機器


● 自動血球計算器 Laser Cyte


 動物用としては稀な、レーザーフローサイトメトリー方式によって血球数を計測する器械。現在の獣医療で最も総合的な血液データを院内に提供するもので、その精度は他の血球計算器とは比較にならないほど高く、検査結果は非常に信頼できます。


 赤血球、白血球、血小板について、26項目(算出項目含む)の検査が可能です。


 ○ 赤血球系検査 
 ○ 白血球系検査 
 ○ 血小板系検査 

 


 ● 血液化学検査器 Vet test


 血液中の化学物質を測定する器械。世界中の動物病院で 広く使用されている検査器です。ドライスライドを使用することで、干渉物質による検査結果への影響を最小限に抑制し、正確な情報を提示してくれます。


 代謝物質、酵素、鉱質など、全25項目(算出項目含む)の検査が可能です。


 ○ 代謝生化学検査 
 ○ 酵素生化学検査 
 ○ 鉱質生化学検査 

 


● 電解質検査器 Vet Lyte


 電解質(Na、K、Cl)を迅速かつ高精度に測定する器械。重症患者ほど、電解質の測定の重要性は増します。


 ○ 電解質検査 

 


● 内分泌検査器 SNAP Reader


 甲状腺ホルモン(T4)、副腎皮質ホルモン(コルチゾール)を測定する検査器。皮膚の異常や、肥満などには内分泌の異常が潜んでいることも多く、多くの患者が野放しにされているような状況です。


 ○ 内分泌検査 
カテゴリートップ
血液検査
次
赤血球指数

copylight @ 2010 - エル動物病院 all rights reserved